FC2ブログ

犬 膀胱腫瘍

10月17日は泌尿器の勉強会でした。

犬の膀胱腫瘍では移行上皮癌が多く見られます。
移行上皮癌の中でも比較的局所に収まっているタイプと
浸潤性が非常に強く予後が非常に悪いタイプに分かれています。
膀胱腫瘍は出来ている場所にもよりますが膀胱全体の1/3程度摘出しても機能 生活の質は変わりません。

最近ではBRAFという検査があり犬の移行上皮癌 前立腺がんの診断の一つの検査として注目されています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takahashi

Author:takahashi
〒158-0082
東京都世田谷区等々力4-7-7
TEL 03(3705)2519
FAX 03(3701)3667

*診療時間
平日・土曜日:9:00~12:00、16:00~19:00
日曜日・祝日:10:00~12:00、16:00~18:00
年中無休・往診有り

HP:http://takahashi-dogcat.com/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR