FC2ブログ

血液学 病理学

昨日は血液学 病理学の勉強会に参加してきました。

肥満細胞腫 悪性メラノーマ 乳腺ガン 
胆管肝炎 IBD 猫の甲状腺機能亢進症などなど

犬の肥満細胞腫はグレードがあるため細胞診における初期診断も重要になります。
グレードにより治療内容 予後もかわってくるからです。


犬の口腔内悪性メラノーマは細胞学的には上皮 非上皮が混在してみえる特徴的な所見がみられます。
この腫瘍は口腔内腫瘍の中でも転移性が非常に強いものです。
現在の獣医学での治療は外科 放射線がメインになります。
今後は治療としてメラノーマワクチンも期待されます。


犬の乳腺ガンは細胞学的診断ではなく病理学的診断により治療をきめることになります。
例外は乳腺にできた肥満細胞腫 炎症性乳がんで細胞学的診断の意味をもちます。
ちなみに猫の乳腺ガンはほとんどが非常に悪性度の高い腫瘍になります。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takahashi

Author:takahashi
〒158-0082
東京都世田谷区等々力4-7-7
TEL 03(3705)2519
FAX 03(3701)3667

*診療時間
平日・土曜日:9:00~12:00、16:00~19:00
日曜日・祝日:10:00~12:00、16:00~18:00
年中無休・往診有り

HP:http://takahashi-dogcat.com/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR